Home > 精神医療問題

精神医療問題

精神病院による精神医療はこれを一切認めることはできない。戦後日本における精神医療はでたらめ医療で医学界からも排斥するべきである。一切の精神病院は廃院するべきである。地球上の精神病者の20パーセントが日本に集中している事態はただ事ではない。こうしたただ「来る者を拒まない」という病院の方針はまったく医療の常識からかけ離れている。診断は実に適当いい加減である。入院者の中には相当多くの健常者が濡れ衣を着せられ有毒な向精神薬を大量に無理やり飲まされて監禁され拷問されている。国連のジェノサイド条約違反である(日本は非加盟)。大量殺戮組織と化している。こうした背景には脳科学やAI研究の進展のために実証・実験動物としての日本人精神病者に対する世界的需要があるからだ、とも推測される。これは脳科学者やAI研究者にとっても心外なはずである。迫害のこじつけにすぎないだろう。目的は日本人に対する迫害であろう。精神医学は反日なのである。よく北朝鮮にたとえられる。とにかく精神科医や看護婦の給料を半分に下げるべきである。
1_もっとも単純な物質はフォノンか。
2_素粒子は アクソン、シグニフィカチオン(シグナリオン)、X粒子 の3つに絞られる。
3_カミオカンデにおいてシグニフィカチオンは被験者と光電子増倍管をむすぶ線上では確定できない。
4_こころ や 物体 は 量子 や 量子場 や 場の量子 や 波動(弦や超弦も) や 力 や 物質 や 空間 の一種というよりも
       ズバリ 素粒子 に他ならない。
PAGETOP