Home > 宇宙論

宇宙の進化

< 宇宙の進化 >
チェンバーと位相空間から時空間への飛躍:
物理学上の「位相(トポロジー)空間」とは無限小か無限大の空間での幾何学構造をいうことにする。 縮退宇宙論 では無限大の時間空間での構造と出来事を記述することになる。反対に標準理論であるビッグバーン膨張宇宙論や拡大宇宙論では無限小のコンパクト化して折りたたまれた時空を問題としていたり、インフレーション前の世界や量子的ゆらぎの世界や最近では「素領域」とも言われている世界であったりするがわれわれはそうした立場とは異なる見解を述べることにする。位相空間は距離のない空間なので無限大か無限小かなのである。したがってこれら空間では全ての素粒子は無限大の速度で運動する。宇宙開闢前夜の時空ともいえるのである。
まず、時間と空間とは チェンバー(chamber;室(しつ))が異なる、という言い方をする。各チェンバー内で固有の「次元」が存在する。だから よく言われているように「時間1次元+空間3次元=4次元空間」ということはいえないし、空想である。異なるチェンバーを超えた次元数の演算はできない。物理学では時間は1次元以外に存在せず、空間は3次元を厳守して4次元以上は存在しないと考えるべきだ。シグニフィカチオン(<〔羅〕significatio”意味”)というチェンバーが何次元かは不明だがそのチェンバーから時間と空間という2つのチェンバーが分裂発生したと考えることもできる。そしてシグニフィカチオン(英訳;signalion)を含むこれら3つのチェンバーを「3大素粒子」として、万物はこの3つの素粒子から全て構成されている。またシグニフィカチオンは時間と空間という2つの異なるチェンバーを結び媒介とするゲージ粒子またはボソンと考えることができて、シグニフィカチオンを媒介としたこうした場を「シグニフィカチオン場」ということにする。。通常、時間と空間とを一対一で結び付けている。しかし時にシグニフィカチオンは時間と空間とを一対一で結び付けないことがあり、そのために正夢など超常現象や奇跡が起きることがあるのだ。

「時空の物理学」から「時空意の物理学」へ。
注:次元Dを元とする集合Cをチェンバーという。C∋D。例えば空間とは3次元を元としたチェンバーである。空間C∋D(x,y,z)。時間C∋D(t)。さらに、そのチェンバーを一括りにしたものを「超チェンバー;E」ということもできる。E∋(C∋D)。したがって、時空間は E∋C(r、t、ς) の3Cからなる。空間の ”3D” に対して時空間全体は ”3C” なのである。

空間の起源:
無限大に広がる大宇宙の3次元空間は はじめから ある(またはイエスの言葉によって誕生した)。宇宙の果てである境界問題が発生してしまう_これを「宇宙論のパラドックス」という_のではじめから無限大でなければならないわけだ。しかしこの無限大の宇宙に対してシグニフィカチオン(ς〔”スティグマ”、”シグマ”と読む〕)という素粒子は相互作用しなければならない(ς⇔∞)。または 位相空間 の中でシグニフィカチオンが時間と空間という異なるチェンバーからなる素粒子をそれぞれ構成したと考えることもできる。

時間の起源:
宇宙は縮退の歴史である。宇宙の大域的進化は位置エネルギーが熱と光のエネルギーに転化していく歴史である。ここにおいて時間の起源は基本的に問えない。時間はアクソン(a or t)と名づけた素粒子であるが空間のr粒子とともに初めからある。
アクソンは位相空間の中で一本の長い線やロープのようなもので表わされる。このロープの微分的切断片が宇宙空間であり、この時間粒子アクソンの一角に現在のわれわれの宇宙が組み込まれていると考えることもできる。アクソンの中に各時刻での宇宙空間であるr粒子が数珠繋ぎになって複数存在していると考えることもできるし、r粒子がまるでアクソンのチューブの中を等速度で移動しているともいえる。
しかしアクソンとr粒子が相互作用するためには時間と空間は位相的に離れて存在しなければならないのである。なぜならIM現象を説明するためには時間と空間が離れて存在しなければならないからである。IM理論は時空の分離を要請する。「離れて」といっても位相空間なので実数的距離(または複素数的距離)があるわけではない。一般的には準位相空間・準距離空間といえるような ハウスドロフ空間 内で近傍 ε の距離を保ちながら両者の間をシグニフィカチオンがゲージボソンとして無限大の速度で行き来している、と考えることができる。したがって時間軸と空間軸とは角度θを有さない。無角度であり、0°角でも90°でもない。便宜的に直交させることがあるけどもピタゴラスの定理は成立しない。したがってt-x直交座標における2点間の距離は単位やチェンバーが異なることもあって  r=|t^2-x^2|^(1/2)   という形での計算は厳禁されねばならない。したがってミンコフスキー・アインシュタインらの理論は間違っている。

宇宙の誕生:
真空(X粒子;r、x) → 大域的フォノン(Φ、f) → フォノンの電離(ミューオン、電子) → 電磁波(背景放射) → ミューオニウム → メソン
→ 中間子星・ミューオン星) → 〔 第一次超新星爆発 → 原始銀河系の誕生 〕 → 陽子・原子核 → 酸素・シリコン・鉄の3大元素(マジックナンバー 8-14-26番元素) → 〔 第二次超新星爆発 → 星団の誕生 〕 → H2,O2,N2,SiO2.H2O,CO2,SO2,など基本分子合成とヘリウム,ナトリウム、塩素、アルミニウム、炭素、アルゴン、ウランほか元素合成、星間ガスやちりとなる。
→ 太陽系の進化 → 同位体が減って放射能濃度が下がる → 地球に生命が誕生する
‎(2018‎年‎11‎月‎19‎日)

ς → a、r (時空分離) →   a = ς = r 構造(3大素粒子構造)
x(r) → f、g(G) → μ、e、ν、γ → π、B、k(メソン),H,N → p±(陽子),p0(中性子) → O,Si、Fe など→ 原子・分子 → 星間物質 → 恒星・地球・生物
(2018‎年‎11‎月‎25日)

われわれは宇宙の果てで暮らしている。だから宇宙は暗く,夜は暗いのである。反対に宇宙の中心近くでは島宇宙がいくつも輝いていて、夜はボーと明るい。だから十分にディープな距離でクェサーがかたまって存在している領域が宇宙の中心部であると推測される。しかし地球からはあまりに遠すぎて見えないかもしれない。
(2018年 11月 30日)

宇宙の主な組成は 水素(H2)、酸素(O2)、水(H2O)、SiO2 でありこれが宇宙の4大物質といえる。したがって H,O,Si  が3大元素である。この原因が 「太陽を作る」のページの補注で述べた 「元素のマジックナンバー」であり、宇宙初期の超新星爆発の瞬間に幾何学的に合成されやすいからだ、という説明になる。酸素8番はハドロン8つからなる 立方体 になる(十二山神実験を参考に)からだ、という説。それは 「空間」である r粒子(x粒子)が x、y、z の直交した3軸でできていて一種の位相的「くせ」があるからだ、という説。だから宇宙進化は 酸素(O) が主役とも言えるのである。(中性子やミューオンが立方体を取り巻いているという説も。)
(2018年 12月 3日)

相互作用の分岐進化:
IM → 重力 → 電磁相互作用 → 強い相互作用 → 弱い相互作用 
(2018年 12月 3日)

<Evolution of the Universe>
Leap from chamber and phase space to time and space:
Physical "phase (topology) space" refers to the geometric structure in infinite small or infinite space. In degenerate cosmology theory will describe the structure and events in infinite time space. On the contrary, in the standard theory, Big Burn Expansion Cosmology and Expansion Cosmology, infinitely small compacted and collapsed space-time is considered as a problem, the world before inflation and the world of quantum fluctuations and recently also the "prime field" Although it is a world that we are, we will state a different view from that position. Since the phase space is a space without distance, it is infinite or infinite. Therefore, in these spaces all the elementary particles move at infinite speed. It can be said that it is the spacetime on the eve of the universe opening.
First, time and space are said to be different chambers (chambers). A unique "dimension" exists within each chamber. Therefore, as often said, it can not be said that "time 1 dimensional + 3 dimensional space = 4 dimensional space", it is fantasy. It is not possible to calculate the number of dimensions beyond different chambers. In physics, time should not exist beyond one dimension, you should think that the space strictly observes 3 dimensions and there are not more than 4 dimensions. It is unknown whether the chamber called signifi cation (<[Luo] significatio "meaning") is unknown but it can be thought that two chambers, time and space, have broken up from the chamber. And these three chambers including signifi cation (English translation; signalion) are regarded as "3 large particles", and all things are composed of all three elementary particles. Also, signifϊcation can be thought of as gauge particles or bosons that connect and connect two different chambers of time and space, and we refer to these fields mediated by signifϊcation as the "signifi cation field". . Normally, time and space are linked one to one. But occasionally signifi cation sometimes does not connect time and space on a one-to-one basis, which may cause paranormal phenomena such as regular dreams and miracles.
From 'Space-time physics' to 'Space-time meaning physics'.
Note: Set C based on dimension D is called chamber. C ∋ D. For example, space is a chamber based on three dimensions. Space C ∋ D (x, y, z). Time C ∋ D (t). In addition, it can be said that the chambers are grouped together as "superchamber E". E ∋ (C ∋ D). Therefore, the space-time consists of 3 C of E∋C (r, t, ς). The whole space-time space is "3 C" for space "3D".
Origin of space:
The three dimensional space of the universe spreading to infinity is from the beginning (or was born by the word of Jesus). The boundary problem that is the end of the universe occurs _ Because this is called "paradox of cosmology", it must be infinite from the beginning. However, elementary particles called signature cation (ς ("stigma", "read sigma")) must interact with this unlimited universe (ς ⇔ ∞). Or it can be thought that the signifi cation constitutes elementary particles composed of different chambers of time and space, respectively, in the phase space.
Origin of time:
The universe is a degenerate history. The global evolution of the universe is a history where potential energy converts to heat and light energy. Basically the origin of time is not questionable here. Time is elementary particle named Akson (a or t), but it is from the beginning with the r particles of the space.
Akson is represented by one long line or rope in phase space. It can also be thought that the differential piece of this rope is outer space and that our present universe is built in one corner of particle electronics at this time. It can be thought that there are a plurality of r particles which are outer space at each time in Akson and it is said that the r particles are moving at the same speed in the Axon's tube as it is .
However, in order for Akson and r particles to interact, time and space must be present in topologic order. Because time and space must exist apart in order to explain the IM phenomenon. The IM theory calls for space-time separation. Even saying "away" is not a real distance (or complex distance) because it is a topological space. In general, it can be considered that the signifi cation moves between infinite speed as a gauge boson between the two while keeping the distance of the neighborhood ε in the houseroof space that can be said to be a quasi-phase space / quasi-distance space it can. Therefore, the time axis and the space axis do not have the angle θ. It is no angle and it is not 0 ° angle nor 90 °. Although it may be orthogonal for convenience, Pythagorean theorem does not hold. Therefore, the distance between two points in the t - x orthogonal coordinate may be different in units and chambers, so calculation in the form r = | t ^ 2 - x ^ 2 | ^ (1/2) must be strictly prohibited. Therefore Minkowski · Einstein's theory is wrong.
The birth of the universe:
Vacuum (X particle; r, x) → global phonon (Φ, f) → ionization of phonon (muon, electron) → electromagnetic wave (background radiation) → muonium → meso
→ Middle child star · muon star) → [primary supernova explosion → birth of the primitive galaxy] → proton · nucleus → oxygen · silicon · iron 3 elements (magic number 8-14-26 element) → [secondary Supernova explosion → birth of star cluster → → H2, O2, N2, SiO2.H2O, CO2, SO2, etc. Basic molecular synthesis and helium, sodium, chlorine, aluminum, carbon, argon, uranium etc. element synthesis, interstellar gas and dust Become.
→ Evolution of the solar system → decreasing isotopes and decreasing radioactivity concentration → life on the earth is born
(November 19, 2018)
ς → a, r (spatiotemporal separation) → a = ς = r structure (3 major particle structure)
H, N → p ± (proton), p 0 (neutron) → O, Si, Fe, etc. (x, r) → f, g (G) → μ, e, ν, γ → π, B, → atoms · molecules → interstellar matter → stellar · earth · living things
(November 25, 2018)
We are living in the end of the universe. So the universe is dark and the night is dark. On the contrary, the island universe is shining brightly near the center of the universe, and it is bright with Ba at night. Therefore it is inferred that the area where the quasar is gathered well at a deep distance is the center of the universe. But from the earth it might be too far away to see.
(November 30, 2018)
The main composition of the universe is hydrogen (H2), oxygen (O2), water (H2O), SiO2, which can be said to be the four major substances in the universe. Therefore, H, O and Si are the three major elements. This is the "elemental magic number" mentioned in the supplement of the "making the sun" page, and it is explained that it is easy to geometrically synthesize at the moment of the supernova explosion in the early universe. Oxygen # 8 becomes a cube consisting of eight hadrons (referring to the twelve gods experiment) Body, the theory. That is because r particles (x particles) which are "spaces" are made up of three orthogonal axes of x, y, z and there is a kind of topological "habit". So it can be said that oxygen (O) is the leading role in space evolution. (The theory that neutrons and muons surround a cube.
(December 3, 2018)
Bifurcation evolution of interaction:
IM → gravity → electromagnetic interaction → strong interaction → weak interaction
(December 3, 2018)



1_もっとも単純な物質はフォノンか。
2_素粒子は アクソン、シグニフィカチオン(シグナリオン)、X粒子 の3つに絞られる。
3_カミオカンデにおいてシグニフィカチオンは被験者と光電子増倍管をむすぶ線上では確定できない。
4_こころ や 物体 は 量子 や 量子場 や 場の量子 や 波動(弦や超弦も) や 力 や 物質 や 空間 の一種というよりも
       ズバリ 素粒子 に他ならない。
PAGETOP